ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

「新三種の神器」で洗練された暮らしを送る若者

2022年 9月 7日16:49 提供:人民網日本語版

  煩雑な家事から両手が開放され、プロジェクターで映画館を家に「引っ越し」させてリラックスタイムを楽しみ、手の中の折りたたみ式スマートフォンは形を変えて仕事とプライベートと両方のニーズを満たす——ロボット掃除機、プロジェクター、折りたたみ式スマホは今、若者たちの間で最も注目度の高い「新三種の神器」になりつつある。「北京青年報」が伝えた。

  時代が変わると、生活必需品も変わる。「三種の神器」は人々にはなじみ深い言葉で、時代の移り変わりとともに、それぞれの時代の生活用品を代表してきた。京東電器が発表した「若者のトレンド電化製品新製品報告」によると、現代の若者の中で最も注目度の高い「新三種の神器」はロボット掃除機、プロジェクター、折りたたみ式スマホだという。

  

  ロボット掃除機は今や「スマートホーム」の標準装備の家電製品だ。世代交代とモデルチェンジを繰り返すこの製品は、今ではごみを吸い取り、床を拭き、自動で洗浄するなどの機能が一体化しただけでなく、家の中を動画でモニタリングする機能や音声アシスタントなどの機能も備えるようになった。洗面所などに給水・排水設備を置くことができれば、水拭きの水を取り替える面倒な作業をする必要もない。おまけにダストボックスは超大型で、床から集めたごみを捨てる手間がより少なくなった。両手が家事労働から完全に解放される日も近い。

  

  映画館を家に「引っ越し」させるのはもう難しいことではない。今はプロジェクターとシーリングライトを一体化した「神ライト」プロジェクターがあり、部屋に必要なシーリングライトに代わって照明の機能を果たすとともに、スマートプロジェクターを「内蔵」して、プロジェクターのためにわざわざ場所を取らなくても、1.5メートル先の壁に100インチの巨大映像を映し出す。

  

  ここ数年、サムスン、モトローラ、華為(ファーウェイ)、小米(シャオミ)などのブランドが次々に折りたたみ式スマホを発売した。その実用性やディスプレーの効果に対して市場には疑問の声が上がる中、若者が率先してこの「新タイプ」スマホを受け入れた。さまざまな折りたたみ方によって、どれも同じように見えるスマホの形状が変化し、大きくすれば大画面へのニーズを満たし、小さくすれば手になじんでポケットにも入り、目新しいものが好きなトレンドセッターや電子製品マニアを次々に「虜にした」。

  操作が簡単で顔面偏差値が高く、ローオイルでヘルシーなおいしい料理ができる。こんなノンオイルフライヤーで作るメニューがSNSで大人気だ。そして、レンジフードはこれまでの重い感じの黒色や銀色から真っ白いものにに変わり、現代風ホームインテリアでよく使われるクリーム色や木目色とマッチしたものになった。「00後(2000年代生まれ)」が台所に「大挙して進出する」ようになっている。年代別の好きな家電調査によれば、上位2位にはエアコンと冷蔵庫が鎮座しているものの、「00後」が最も好きな家電にはレンジフードやノンオイルフライヤーもランクインしていた。

  自宅トレーニングのニーズが徐々に硬直的需要になり、多くの若者は新興の電化製品であるフィットネスミラーに興味を抱くようになった。そのうち「95後(1995年から1999年生まれ)」の男性の割合は13%を占め、「95後」の女性の12%を上回った。健康的なライフスタイルを追求するうえでは、エクササイズダンスでブレイクした劉畊宏のような男性たちも決して女性たちに負けてはいない。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年9月7日