ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

対外貿易トップ20都市が発表 対外貿易総額は中国全土の65%

2022年 9月 6日13:44 提供:人民網日本語版

  「中国対外貿易質の高い発展報告2022」が9月4日に発表された。それによると、中国には対外貿易の発展で優位性の高い都市が20ヶ所あり、上海、深セン、北京、蘇州、東莞、寧波、広州、厦門(アモイ)、天津、青島、成都、重慶、杭州、無錫、南京、仏山、鄭州、金華、西安、大連の20都市だという。「北京商報」が伝えた。

  2021年にこのトップ20都市の対外貿易総額は25兆8千億元(1元は約20.3円)に達し、中国全土対外貿易総額の65%を占めた。全体として見ると、交通の発展、モデルの刷新、産業の高度化などがトップ20都市の発展の主な原因だと言える。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年9月5日