ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国商務部「米の半導体関連製品の対中輸出規制の乱用に断固反対」

2022年 9月 2日16:50 提供:人民網日本語版

  中国商務部(省)は9月1日に定例記者会見を行った。中国新聞網が伝えた。

  8月31日に米国の半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディアコーポレーション)が、米国政府の要求を受けて人工知能(AI)の動きを加速する最新旗艦GPUのA100とH100の対中輸出を規制すると発表した。これについて商務部のコメントは。

  中国は関連の報道に注意を払っている。一時期より、米国は輸出規制措置を絶えず乱用し、半導体関連製品の対中輸出を規制しているが、中国はこれに断固反対する。米国のやり方は公平な競争の原則に背き、国際経済貿易ルールに違反している。中国企業の正当な権利に損害を与えるだけでなく、米国企業の利益にも深刻な影響を与え、国際的な科学技術交流と経済貿易協力を妨げ、グローバル産業チェーン・サプライチェーンの安定と世界経済の回復に打撃を与える。米国は直ちに誤ったやり方をやめ、中国企業を含む各国の企業を公平に扱い、世界経済の安定にプラスになることをより多くなすべきだ。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年9月2日