ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

グローバルイノベーション指数番付 中国は10年で22位上昇

2022年 9月 2日15:50 提供:人民網日本語版

  研究開発投資の大幅な拡大、科学技術人材の育成、国際特許出願件数の持続的な増加、ハイテク企業数の急増……この10年間、中国の科学技術イノベーションは日進月歩の勢いで進み、グローバルイノベーションの版図における中国の地位と役割に新たな変化が生まれた。

  世界知的所有権機関(WIPO)がこのほど発表した「2021年グローバルイノベーション指数報告」によると、イノベーション指数ランキングで中国は2012年の34位から21年は12位となり、10年間22位上昇した。ここには、中国が世界トップレベルのイノベーションの重要な参加者であり、グローバルな問題を共に解決する重要な貢献者であることが示されている。

  北斗衛星測位システム、「嫦娥」による月探査、「天問」による火星探査、宇宙ステーションの銀河旅行……この10年間、中国では重要なイノベーション成果が競うように次々現れ、国家イノベーション体系がより高効率でスムーズになり、科学技術イノベーションを体系化する能力が絶えず増強され、中国の科学技術力は新たな段階へと大きく足を踏み出した。

  新エネルギー自動車と新型ディスプレイ産業の規模はどちらも世界一になり、人工知能(AI)産業は世界トップクラスに躍進した。量子コンピューターのプロトタイプ、三次元空間の量子ホール効果、ケーラー幾何学における中核的な予想など科学の先端分野で重要なオリジナルのブレークスルーを達成し、次世代超高強度鋼材、異種融合ニューロモルフィックチップ、デンプンの人工合成などの応用分野で飛躍的な進展を遂げ、複数の高度医療設備の国産化が加速し、新型コロナウイルス感染症対策の科学研究開発で複数の重要な成果を上げた。

  上海市では世界的な影響力をもつ科学技術イノベーションセンターの基本枠組みが構築され、社会全体の研究開発(R&D)投資が市全体の国内総生産(GDP)に占める割合は3.19%から4.1%超に上昇した。

  粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市圏)の国家技術イノベーションセンターが承認を受けて建設され、世界的影響力を有する科学技術と産業イノベーションの先進拠点が構築された……広東省のR&D投資は12年の1236億1500万元(1元は約20.2円)から21年は3800億元を超え、同省のGDPに占める割合は2.17%から3.14%へ上昇した。

  湖北省はイノベーションが駆動する発展戦略を踏み込んで実施し、経済の質の高い発展を持続的に推進し、一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の付加価値額は今や5兆元の大台に達し、ハイテク企業の数、科学技術型中小企業の数がそれぞれ1万社を超え、ハイテク産業の付加価値額は1兆元を超えた。

  清華大学蘇世民(シュワルツマン)書院の薛瀾院長は、「科学技術イノベーションは中国の経済・社会の発展に非常に大きな貢献をした。デジタル経済、高速鉄道などのイノベーションの成果は皆さんもよく知っているだろうし、このほかにもたくさんの科学技術イノベーションによる貢献が私たちの日常生活のあらゆる面に潜んでおり、質を高め、暮らしを改善し、発展を促進する『隠れたチャンピオン』になっている」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年9月2日