ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

ライブコマース「東方甄選」が大人気 3ヶ月で売上20億元

2022年 9月 1日17:50 提供:人民網日本語版

  8月30日、教育サービス大手の新東方が手がけるライブコマーススタジオ「東方甄選」が「3ヶ月で売り上げ20億元(1元は約20.2円)達成」の話題が微博(ウェイボー)の検索ワードで上位に入り、運営会社である新東方オンライン科技持株有限公司の株価も26%以上大きく値上がりして市場の注目を集めた。

  8月26日、新東方オンラインは2022年5月31日を決算日とする22年度決算を発表した。それによると、22年度の総売上高は前年比36.67%減の8億9900万元、調整後の純損失は同72%縮小の3億6400万元だった。

  注目されるのは、東方甄選のライブコマース業務が昨年12月にスタートしてから、その具体的な売上高の状況が初めて正式に発表されたことだ。5月31日現在、売上高は2460万元、売上総利益は930万元、売上総利益率は37.8%だった。実はこれは東方甄選のパーソナリティの董宇輝氏が登場して、急速に人気を集める前の数字だ。決算は5月31日を区切りとしているため、東方甄選の人気が出たのは23年度の最初の月ということになり、実際にどのくらいの成果を上げたのかは来年の決算データを待つしかない。

  22年度決算に関する電話会議で、新東方オンラインの尹強執行取締役兼最高財務責任者(CFO)は、「東方甄選のここ3ヶ月間のGMV(流通取引総額)は20億元前後で、利益率はライブコマースやMCN(マルチチャンネルネットワーク)を専門に手がける企業よりもずっと高い」と述べた。

  ライブコマースの好調な業績を受けて、香港証券取引所では8月30日に新東方の株価が再び高騰し、一日の上昇率は26%を超えた。全体として見ると、新東方執行取締役の今年の株価は低水準でスタートしたが、これまでに445%以上上昇している。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年9月1日