ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

天津航空、今年の「旅客を貨物に転換」業務収入が1億元を突破

2022年 6月 10日15:50 提供:人民網日本語版

  2022年に入ってから、天津航空は旅客機から貨物機へ転換した路線を累計7本運航し、便数は132便に上り、英国、ベルギー、オーストラリア、ルーマニア、ドイツの5ヶ国に防疫物資など各種物資を3489トン輸送し、この「旅客から貨物への転換」の業務収入は累計1億元(1元は約20.1円)を突破した。中国新聞社が伝えた。

  天津航空の責任者は取材に対し、「新型コロナウイルス感染症の流行中には、航空機による貨物輸送には緊急の医療用物資を運ぶ、サプライチェーンを保障するなどの面で元々優位性がある。この2年間に『旅客から貨物への転換』便を相次いで開通して、当社は産業チェーンとサプライチェーンのスムーズな流れを全力でサポートし、企業の発展のための新たな道も切り開いた。3年にわたり経験を蓄積し、当社の『旅客から貨物への転換』業務の保障をめぐっては、すでに整った作業プロセスが形成されている。現在、運航サイクルは最短7日間で、大陸間路線の場合は平均23日間だ」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年6月10日