ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

アップル新製品 スクリーンロックカスタム化やM2チップに注目

2022年 6月 8日11:50 提供:人民網日本語版

  

  写真提供:アップルの公式サイト

  北京時間の7日午前1時、米アップル社の年に一度の開発者向けイベント「WWDC(世界開発者会議)」がスタートし、複数の新世代オペレーティングシステム(OS)が打ち出された。中には「iPhone(アイフォーン)」のOSのiOS 16、MacコンピューターのOSのmacOS Ventura、「Apple Watch(アップルウォッチ)」の最新バージョンのモバイルOSのwatchOS 9が含まれる。OSのほか、今回は2種類のハードウェア新製品として、デザインをリニューアルしたノートパソコン「MacBool Air(マックブックエア)」と「MacBook Pro(マックブックプロ)」も発表された。両製品ともM2チップを搭載している。

  アイフォーンのスクリーンロックはこれまで比較的シンプルだったのに対し、アンドロイドスマートフォンは早くからユーザーの個性に合わせたカスタム化を取り入れ、よく使うアプリをロック画面に固定できた。

  今回のiOS 16の変更ポイントもスクリーンロックのカスタマイズにある。写真の中心が時間表示の前に来るようになっていて、被写界深度による効果が生まれる。ユーザーはよりクリアな字体とカラーを選んで、日付・時間の表示スタイルを変更することもできる。

  アップルのメッセージアプリ「iMessage(アイメッセージ)」には今回、一部の実用的な新機能が加わった。たとえばユーザーは送ったばかりのメッセージを編集・撤回でき、削除して間もない情報を回復させることもでき、さらにチャットの表示を「未読」にして、後から再びアクセスして情報を処理することもできる。

  

  写真提供:アップルの公式サイト

  アップルが自社のノートパソコンのために開発したM1チップは相当の成功を収めたと言える。そして今回打ち出したのは次世代のM2チップで、アップルはこれをマックブックエアと13インチのニューモデルのマックブックプロに搭載した。入門レベル機のマックブックエアは、中国での販売価格が9499元(約18万9千円)からとなっている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年6月8日