ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

2030年に世界のリチウム資源は50%近く不足? 中国の埋蔵量世界6位

2022年 5月 30日14:50 提供:人民網日本語版

  

  ここ数年、新エネルギー自動車市場の急速な発展に伴って、動力用バッテリーの重要な原材料としてのリチウムのニーズが爆発的に増加し、需給のアンバランスという問題もそれにともなって発生した。専門家によれば、将来はリチウム資源の奪い合いが激しくなることは確実で、すでに建設中のリチウム生産プロジェクトだけでは、2030年には世界のリチウム資源は50%近くが不足すると予想される。リチウム資源確認埋蔵量で中国は世界6位だ。リチウム資源の供給安全を保護し安定させるために、ここ数年、中国はリチウム鉱床の採掘と探査を加速し続けているという。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月30日