ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

DIYのハンドメイドが「体験型消費」トレンドを牽引

2022年 5月 26日10:50 提供:人民網日本語版

  

  リズムの速いの今の時代にあって、多くの人が「スローライフ」のライフスタイルを追い求めている。都市のビジネス空間にもスローを体験できる業態が次々に登場し、そのうちの1つがDIY(自分で作る)のハンドメイド工房だ。中国新聞網が伝えた。

  ビーズで作った自分だけのオリジナルのキーホルダー、自分で色を塗る石膏やソフトビニールのフィギュア……最近、取材してわかったのは、若者はウィンドーショッピングをしたり、食事をしたり、映画を見たりするだけでなく、DIYのハンドメイドにも夢中になり始めているということだ。

  24日に寧夏回族自治区銀川市にある商業施設「大閲城」にあるDIY「作品」体験店をのぞくと、指輪やライターから、くし、木剣、ウクレレまで、種類が豊富で多彩な手作りカリキュラムがそろい、大勢の若い消費者を引き付けている様子が見られた。

  この店のオーナーの話では、DIY作品を作るのには通常1-2時間かかり、体験価格は100-1千元(1元は約19.0円)と幅があり、店にある完成品を買うこともできる。来店者が多いのは週末で、そのほとんどが手作り体験を希望する。難易度の高い作品作りを選んだ場合、かなり時間がかかるので、完成まで数回に分けて作ってもいい。

  同店を取材した時、店内にはペアリングを製作中のカップルがいた。既製品の指輪を買えば、指輪という点は同じで、同じ価格でより精巧なものが手に入るのに、なぜ自分で手作りして既製品を買わないのか。カップルの2人は、「DIYの作業がもたらす『体験感』を大事にしたいというのが主な理由。DIY作品の質は実はあまり重要でない。重要なのはかけがえのない気持ちを表わすこと。そしてDIYに挑戦する過程で、友だちや恋人と一緒に楽しい時間を過ごすこともできる」と話してくれた。

  現在、これまでにもよく見られた陶芸や焼成調理などのDIY工房だけでなく、総合型DIY体験館も続々登場している。デコレーション用クリーム接着剤で作る収納ケース、吊り下げて飾れるミニチュアハウス、土台の木製品に樹脂を流し込んで作る川の流れのイメージのコースターなど、さまざまなタイプのDIYを体験することができる。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月26日