ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

商務部「中国の外資導入のプラス要因に変化はない」

2022年 5月 20日15:50 提供:人民網日本語版

  新型コロナウイルス感染症が中国の外資導入状況に挑戦をもたらしている。中国商務部(省)の束珏婷報道官は19日に行なわれた記者会見で、「中国の外資導入における多くのプラス要因には変化はない」と述べた。中国新聞社が伝えた。

  公式データによると、今年1-4月の中国の外資導入額は前年同期比20.5%増加し、比較の対象となる前年の数字が高かったにもかかわらず引き続き2けたの伸びを達成した。しかし第1四半期(1-3月)に比べると、増加率は低下した。

  束氏はこの状況について、「今年に入ってから、中国の外資導入の安定増加傾向には多面的な要因があった。中国国内の極めて大規模な市場が外資に対して魅力があった以外に、新しい外資参入ネガティブリストが打ち出されて自動車製造などの分野での外資の株式保有比率の制限がさらに緩和され、外資導入規模を力強く牽引したことがある。また中国内外の資本が政府調達に平等に参入できることを保障し、外国籍個人の所得税減免政策を延長するなどの措置も外資の投資への期待と信頼感を安定させた。このほか対外貿易と外資の協調メカニズムおよび重点外資プロジェクト作業専門チームもタイミングよく各方面の協調を進め、外資系企業に対するサービスの保障を強化した」と述べた。

  束氏は、「複数の要因の影響を受けて、中国の外資導入は数多くの挑戦に直面したが、外資導入における多くのプラス要因には変化はない。今後も、商務部は引き続き中国にある外資系企業により優れた環境、よりよいサービスを提供していく」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月20日