ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国全土の春の穀物栽培面積は3280万ヘクタール 進捗は半分に

2022年 5月 9日14:50 提供:人民網日本語版

  現在、穀物生産エリアでは農作業がタイミングを逃さないよう急ピッチで作付けが進められている。中国全土の春の穀物栽培面積は3280万ヘクタールに達し、予定された面積の半分以上で種まきが終わり、進捗は前年同期を上回っている。中央テレビ網が伝えた。

  ここ2日ほど、東北地域の春の穀物生産は1日あたりの作付面積が160万ヘクタールを超えるペースで加速的に推進されている。

  最新の農業状況調査によると、早期水稲の直播栽培はすでに終わり、春小麦は8割以上、芋類は6割以上、トウモロコシは7割近く、大豆は2割近くの栽培が終わり、春の栽培の進捗は前年同期を1.6ポイント上回り、全体として順調に進んでいるという。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月9日