ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

広西がASEAN中国生薬輸入の主要ルートに ベトナムから初列車

2022年 5月 7日14:50 提供:人民網日本語版

  中国生薬をベトナムから輸入する専用列車の第1便出発式典が5日、広西壮(チワン)族自治区の凴祥鉄道通関地で行なわれた。同列車が運行を常態化するようになると、中越両国の中医薬産業における全面的協力の深化が後押しされるようになる。中国新聞社が伝えた。

  同自治区凴祥市(崇左市が管轄する県級市)は両国国境にある最大の国境都市で、ベトナムの1市・3県と国境を接し、国境線は97キロメートルに及び、中国からベトナムさらにはASEAN諸国に行く場合に最も便利で短時間の陸上ルートだ。

  同専用列車は12両で、1両に約15トンの中国生薬を積み込める。今回積み込まれたのはベトナム原産の鶏血藤だ。

  広西は中医薬資源が豊富にある省で、中国のASEANに対する開放協力の最前線の窓口として、これまでにASEAN諸国と香港・澳門(マカオ)・台湾地区を中心に40数ヶ国・地域をカバーする中国生薬分野の対外開放協力の構造を形成してきた。今では徐々にASEANの中国生薬を輸入する主要ルートとなり、広西の通関地から中国に入るASEANの中国生薬は種類も数も猛烈な勢いで増加している。20年以降は2年連続で貨物の価格が中国一になった。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月7日