ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

RCEP発効して最初の四半期 ボーナスが続々

2022年 5月 5日17:50 提供:人民網日本語版

  

  地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が今年1月1日に発効してから、貿易におけるボーナスが続々と現れており、地域経済発展に新たな原動力を注入している。中央テレビ網が伝えた。

  第1四半期(1-3月)には、中国とRCEP加盟国14ヶ国との輸出入総額が前年同期比6.9%増の2兆8600億元(1元は約19.6円)に達した。

  RCEPの「友人の輪」は持続的に貿易のボーナスを生み出し、地域内の企業と消費者に実質的な恩恵をもたらしている。

  発効して最初の四半期に、中国企業のRCEPの恩恵を受けた輸入は67億元、輸出は371億元に上り、中国の輸出企業が申請・取得したRCEPの原産地証明書と作成・発行した原産地声明は合わせて10万9千件に上った。

  RCEPはさらに投資市場への参入拡大、規則制度での協調、税関手続きの簡素化、EC発展の促進で積極的な役割を果たしている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年5月5日