ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国で「最も人材不足」の100職種 求人回復は遅め

2022年 4月 28日14:50 提供:人民網日本語版

  中国は27日、今年第1四半期(1-3月)に全国で求人が求職より多かった「人材が最も不足した100職種ランキング」を発表した。中国新聞社が伝えた。

  上位10職種には、販売員、飲食店のホールスタッフ、商品の販売員、旋盤工、警備員、カスタマーサービス管理員、宅配便配達員、清掃員、家事代行サービススタッフ、包装従事者が並んだ。

  2021年第4四半期(10-12月)の前期ランキングと比較すると、トップ10の顔ぶれは変わらず、順位がやや変動した。

  全体として見ると、中国の求人ニーズの回復は遅めで、製造業は人手不足が続き、電子情報産業の求人ニーズの回復が目立った。特に「通信工学技術者」、「ディスクリート半導体・集積回路設置調整員」、「コンピューターハードウェア工学技術者」、「コンピューターネットワーク工学技術者」などの職業が新たにランク入りし、人手不足がさらに進んだことがわかった。

  同ランキングは全国に102ヶ所ある定点モニタリング都市の公的就職支援サービス機関から報告された人材資源市場の求人・求職データに基づいて作成された。

  中国政府はこのランキングを定期的に発表し、雇用市場を誘導している。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年4月28日