ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国情報化分野の人材が製造業を志向するのはなぜか?

2022年 4月 26日17:50 提供:人民網日本語版

  業界の発展の見通しを考えても、個人の成長の道筋を考えても、中国情報化分野の人材はインターネット業界に進むのが当然、という印象を持つ人が多い。しかし現実は徐々に変化している。

  最近、製造業企業の責任者とやりとりする中で、「このほど行われたキャンパス求人で、情報化に関わるポジションにたくさんの履歴書が送られてきた」と聞いた。「キャンパス求人だけでなく、一般の求人でも、一部のインターネット企業のベテランプログラマーが当社の情報化チームに入りたいと言っている。うちにとっては大きなサポートになる」と語った。この企業だけでなく、製造業企業で情報化に関わる人材が増え続けており、業界全体で情報化人材を引き付ける力が強くなってきた。

  発展の環境を考えると、製造業が情報化人材の選択肢の1つになった背景には、産業のデジタル化が加速的に推進されていることがある。企業のデジタル化改良のニーズが、多くの情報技術関連ポジションを生み出し、これが雇用市場における重要な選択肢になった。

  仕事の内容を考えると、一部の製造業企業では、特に新エネルギー自動車メーカーなどの企業の情報技術関連ポジションでは、ソフトウェア開発と応用などの業務がより重視されるようになり、多くのネット企業の業務に非常に接近してきた。

  福利厚生を考えると、製造業企業の大多数が提供する賃金はトップレベルのネット企業には及ばないかもしれないが、従来の第一線の製造ポジションに比べれば、情報技術のポジションの賃金レベルは大幅に上昇しており、コストパフォーマンスも持続的に向上している。

  キャリアアップを考えると、ネット企業には情報化人材が非常にたくさんいて、競争が激しい一方で、製造業企業が優れた人材を喉から手が出るほど欲しがり、ポジションを開けて待っている。この2点を踏まえ、一部の人材が製造業のモデル転換・高度化の中で成長のチャンスをより多くつかまえる可能性がある。

  産業デジタル化がより多くの情報化人材を呼び込もうとしている。ますます多くの情報化人材が製造業に向かい、より質の高い産業デジタル化の未来が開かれることが期待される。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年4月26日