ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

海南省、今年1-3月の「一帯一路」沿線国への輸出入額が95.9%増

2022年 4月 25日14:50 提供:人民網日本語版

  海南省の海口税関が24日に発表した統計データによると、今年第1四半期(1-3月)には海南省と「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国との輸出入額が前年同期比95.5%増の134億4千万元(1元は約19.6円)に上り、うち輸出は同40.5%増の40億5千万元、輸入は同135.2%増の93億9千万元だった。中国新聞網が伝えた。

  海南と「一帯一路」沿線国との貿易に占めるASEANの割合が5割に迫り、緩やかに増加した。同期には海南とASEANとの輸出入額は同28.5%増の62億1千万元に上り、同期の海南の「一帯一路」沿線国との二国間貿易額に占める割合は46.2%だった。

  データによれば、海南の一般貿易方式による「一帯一路」沿線国との輸出入額は同103.6%増の73億6千万元で、同二国間貿易額の54.8%を占めた。保税物流方式による輸出入額は同69.7%増の27億7千万元で20.6%を占め、加工貿易方式による輸出入額は同68.8%増の19億7千万元で14.7%を占めた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年4月25日