ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国の小麦国家備蓄は1年分以上

2022年 4月 9日15:50 提供:人民網日本語版

  最近、国際市場では穀物価格が上昇し、小麦市場が特に注目を集めている。国家穀物・食用油情報センターによると、国際市場の穀物価格変動が中国の小麦市場に与える影響は限定的だ。現在、小麦の国家備蓄は歴史的に見ても高水準にあり、国内の1年分以上の消費ニーズを満たすことができ、供給保障と価格安定には非常にしっかりした物質的な基礎があるという。「工人日報」が伝えた。

  現在の中国小麦市場は「3つの持続的」でまとめることができる。1つ目は政策による小麦の市場への投入が持続的に行われていること。2つ目は小麦の苗の生育状況が持続的に好転していること。3つ目は政府当局が持続的に力を入れていることだ。市場の変化に基づいて、国の関連当局が速やかに小麦の競売政策を打ち出し、毎週、市場に50万トン前後の小麦を放出している。1月以来の取引額は累計620万トン、取引成約率は98%前後で、小麦粉加工メーカーのニーズを満たしている。各地方政府も穀物の安全保障には党も政府も同じ責任を持つとの方針を厳格に実施し、穀物生産への支援を強化し、夏季収穫の小麦が豊作になるよう努力している。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年4月9日