ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

5Gや産業のインターネットなどのキーワードが発するデジタル新シグナルは何か?

2022年 3月 10日17:43 提供:人民網日本語版

  5日に審議が要請された政府活動報告は、イノベーションが駆動する発展戦略を踏み込んで実施することを強調すると同時に、デジタル中国建設の全体的展開の強化やデジタル経済発展の促進などの面における計画を打ち出した。同報告は、「デジタル情報インフラを建設し、5Gの大規模な応用を推進し、産業のデジタル化モデル転換を促進する」ことを提起した。新華網が伝えた。

  中国人民政治協商会議全国委員会の委員(全国政協委員)を務める恒銀金融科技股份有限公司の江浩然会長は、「新インフラの強化により、投資によって地方経済の発展を牽引することが可能になる一方で、デジタル技術のインキュベート応用を加速し、他の産業と融合させて生産効率を向上させ、資源配置を最適化することが可能になる。新インフラ整備の推進に着目した一連の措置は、デジタルの基礎を着実に突き固め、イノベーションにサポートを提供するものとなる」と述べた。

  浙江省はデジタル経済深化の「1号プロジェクト」を、北京は北京をグローバルデジタル経済ベンチマーク都市に建設することを、河北省は張家口国家級データセンターの建設を提起している……ここ数年、複数の地域が相次いで展開を進め、デジタル経済の新たなレースで先を争う。工業・情報化部(省)は、5Gネットワークによるカバーを持続的に強化し、今年は5G基地局60万ヶ所以上を新たに建設する計画であることを明らかにした。

  デジタル時代には、計算力がデジタル経済の発展力をある程度決定する。

  全国人民代表大会の代表を務める中国移動(チャイナモバイル)の楊傑会長は、「計算力ネットワークはネットワークと計算力の有機的な融合を実現することができ、将来の情報インフラの主要形態になるだろう。計算力ネットワークのイノベーション発展を加速することは、情報インフラの深化を導き、情報通信産業の自主イノベーション力と国際競争力を全面的に引き上げる上でプラスになる」と述べた。

  工場のスマート物流、設備の遠隔操作、無人のスマート巡回……現在、産業のインターネットと製造業の融合が加速し、デジタル産業化と産業デジタル化の歩みは加速を続ける。同報告は、「産業のインターネットの発展を加速し、集積回路(IC)、人工知能(AI)などのデジタル産業を育成して大きくする」方針を明確にした。

  中国航天科技集団有限公司第四研究院7416工場チームリーダーの徐立平代表は、「私の所属する航天第四研究院はこれまでずっと自動化、スマート化、デジタル化の改造発展に力を入れ、スマート製造技術とスマート生産ラインを投入使用し、製品の質、生産効率、発展能力の飛躍的な発展を実現してきた」と述べた。

  キーテクノロジーの研究開発を強化することは、デジタル経済の発展のポテンシャルを発揮する上で重要な意義がある。同報告では、「鍵となるハードウェア・ソフトウェア技術のイノベーションと供給力を高める」という部分が注目を集めた。

  一部の代表・委員の見方によると、一方で、センサーや量子情報のような戦略的で先見性のある分野に照準を合わせ、前倒しで展開を進め、ブレークスルーを達成する必要がある。他方で、重要技術のブレークスルーと重要発展ニーズに軸足を置き、産業チェーンの重要ポジションの競争力を強化し、IC、通信デバイス、スマートハードウェアなどの重点分野に焦点を当て、強みを鍛え上げ、弱点を補強する必要がある。

  全国政協委員を務める百度の李彦宏会長兼最高経営責任者(CEO)は、「中国の自動運転技術は目覚ましい進歩発展を遂げており、これは国の政策による長期的な支援と指導によるところが大きい。国が科学技術企業により一層の支援と奨励を与えるのに伴って、科学技術企業は技術のイノベーションと研究開発により専念するようになるだろう。百度は引き続き研究開発投資と人材育成を強化拡大し、中国が自動運転分野で国際競争上の優位性を保てるよう後押ししていく」と述べた。

  全国政協委員を務める中国共産党中央党校(国家行政学院)マルクス主義学院の張占斌院長は、「消費のインターネットと産業のインターネットの融合・レベルアップを加速し、デジタル経済のリーディングカンパニーを誘導して『専精特新(専門化・精密化・特徴化・新規性)』企業を牽引・育成し、デジタル新業態の発展を支援し奨励する」ことを提案した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年3月10日