ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

出勤しない「新しい職業」 若者が求める新しい働き方

2022年 3月 8日14:50 提供:人民網日本語版

  ここ数年、「フレキシブルワーク」の道を探求する若者が増え続けている。会社に行ってタイムカードを押さなくていい「新しい職業」に従事する人々は今、どんな生活をしているのだろうか。「フレキシブルワーク」が長期的に発展するにはどうしたらよいだろうか。「中国青年報」が伝えた。

  若者は自分のためにライフスタイルを「オーダーメイド」

  中国人民政治協商会議(全国政協)委員を務める中国作家協会の白庚勝副会長は、「新しい技術が開発されて、私たちの雇用問題解決に向けて新たな可能性が広がった。インターネット、人工知能(AI)、ビッグデータ、ハイテクなどが、私たちの雇用の可能性を大きく広げ、私たちの生存能力を高めた」との見方を示した。

  北京師範大学珠海分校教育学院の高艶准教授は、「上の世代の雇用状況といえば『人が職場に適応し、職場に合わせる』というもので、1つの職場・1つの職種で一生働くことができたが、こうした『職場適応論』は今の発展状況にはあまり合わなくなった」と述べた。

  高氏は、「時代が今日の若者にチャンスを与え、若者はオーダーメイドのように自分のためにオリジナルのライフスタイルを作るようになった。たとえば、これまでの時代の雇用といえば『10タイプの間取りのモデルルームから1つを選ぶ』ようなものだったが、今の若者の雇用に対する理念は『自分の家は自分で作る』で、若者は自分らしい生活モデルを構築するチャンスを与えられている」とした。

  「新職業」に従事する数人の若者が言及したのは、趣味が職業選択で重要なきっかけになったこと、またストレスを受け入れようとする時の精神的支柱になったことだ。

  動画サイト「bilibili」(ビリビリ)で動画をアップする「才疎学浅的才浅」さんは、2021年4月、三星堆遺跡から出土した黄金仮面の製造工程を手作業で再現した動画をアップすると、あっという間にネットの人気者になった。8月には同じく三星堆で発見された金の杖でも再現を試みた。

  昔から手を動かして作業をするのが好きだったという「才疎学浅的才浅」さんは、2017年に大学に入ると、大勢の投稿者がビリビリで趣味を共有して楽しんでいるのを見た。余暇時間がたくさんあったので、独学で動画の編集と撮影を学び、作業のプロセスを記録してオンラインで発信した。

  「才疎学浅的才浅」さんは大学卒業後、単身で上海に行き、プロの動画発信者になった。「手で作業することへの情熱が、ぼくに夢を追いかける勇気をくれた」という。

  1 2次ページ