ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国1月の外資導入額が前年比11.6%増

2022年 2月 16日11:50 提供:人民網日本語版

  商務部(省)が15日に発表したデータによると、今年1月には中国の実行ベース外資導入額が前年同期比11.6%増の1022億8千万元(1元は約18.2円)に達し、増加率は前年同期の3倍近かった。米ドル建てで計算すると増加率は17.6%になる。中国新聞社が伝えた。

  業界別の外資導入状況を見ると、サービス業が引き続き外資の対中投資のホット分野だ。公式データによれば、1月の中国サービス業の実行ベース外資導入額は同12.2%増の823億元だった。そのうちハイテク産業は同26.1%増で、うちハイテク製造業は同32%増、ハイテクサービス業は同24.6%増だった。

  地域別の状況を見ると、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の発効といった好材料に後押しされる形で、「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国とASEAN諸国の対中投資が急速に増加し、沿線国は同28.4%増、ASEANは同29.1%増だった。

  ここ数年、新型コロナウイルス感染症が効果的に抑制され、経済が安定的に回復し、市場への参入が引き続き拡大したことから、中国の外資導入が急速に増加した。公式データによれば、2021年の外資導入額は同14.9%増の1兆1千億元に達し、初めて1兆元の大台を突破した。新たに設立された外資系企業は同23.5%増の4万8千社に達した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年2月16日