ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

テスラ中国の1月の輸出量は4万台超 上海工場は今や輸出の中心に

2022年 2月 15日16:50 提供:人民網日本語版

  中国の乗用車市場情報連合会が14日に発表した中国の自動車販売量に関する最新のデータによると、電気自動車(EV)メーカー米テスラの上海工場「ギガファクトリー」の1月の出荷量が5万9800台、輸出量が4万500台に達したという。中国新聞社が伝えた。

  特筆すべきなのは、1月の中国の新エネルギー自動車の輸出が5万2千台に上り、そのうちテスラ車が8割近くを占めたことだ。2021年には、テスラ上海工場が引き渡しした車両は48万4100台に上り、そのうち海外市場への引き渡しが16万台を超えて、欧州やアジアなど10数ヶ国のニーズに応えた。テスラは先に発表した決算の中でも、「上海工場は今やテスラの主要な輸出センターになった」と強調した。

  テスラによると、テスラ上海工場は現在、部品の現地化率が90%を超えた。工場を取り巻くように、蘇州、寧波、南通、無錫、紹興、台州、南京、常州など長江デルタの上海市、江蘇省、浙江省にたくさんの自動車部品メーカーがあり、テスラの「4時間調達圏」を構築し、大規模な産業クラスターを形成しており、地方経済の高度成長に新たな活力をもたらしている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年2月15日