ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国、春節連休期間のキャッシュレス決済額が14兆9千億元に

2022年 2月 8日16:50 提供:人民網日本語版

  中国人民銀行(中央銀行)の公式微博(ウェイボー)が7日に発表した2022年春節(旧正月、2022年は2月1日)連休期間の決済業務モニタリングデータによると、中国の決済業務量が増加を続け、消費市場の安定さの中での好転という発展傾向を後押しした。主要商業銀行、決済機関、清算機関のデータを総合すると、1月31日から2月6日までの22年春節連休期間には、全国のキャッシュレス決済業務量は前年同期比10.0%増の208億4千万件、決済額は同16.2%増の14兆9千億元(1元は約18.1円)に達した。

  春節連休期間中、ショッピング、飲食、旅行、レジャー・娯楽などのシーンでの決済業務量が増加を続けた。まずショッピングの消費支出が急速に増加した。休日経済の勢いに春節の販売促進キャンペーンが加わってショッピング消費の安定した増加につながり、小売企業の決済額は同22.9%増加した。飲食消費の決済も引き続き活発だ。春節期間には親戚や友人で集まるなどの飲食消費ニーズが旺盛で、飲食サービス企業の決済額は同29.6%増加した。交通・移動関連の決済の伸びが目を引いた。鉄道、航空、公共交通、地下鉄などの交通関連企業の決済額は同18.8%増加した。ホテル・宿泊施設での決済が大幅に増加した。ホテル・宿泊施設関連企業の決済額は同26.9%増加し、1件あたりの決済額も23.7%増加して、全体としてホテル・宿泊施設サービス利用の質の向上という特徴が見られた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年2月8日