ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

36.53%増!2021年の中国黄金消費は1120.9トン

2022年 1月 28日17:38 提供:人民網日本語版

  中国黄金協会が27日に発表した最新の統計データによると、2021年には、全国の金の実際の消費量が20年同期比36.53%増の1120.90トンに達した。金のアクセサリーの消費が力強い伸びを見せ、インゴットと金貨の売り上げも安定した伸びを保ち、新型コロナウイルス感染症発生前の水準を大幅に上回った。中国新聞網が伝えた。

  データを見ると、21年の中国の金原料の生産量は前年比36.36トン減(同9.95%減)の328.98トンだった。全国の金の実際の消費量は同36.53%増、感染症発生前の19年比11.78%増の1120.90トンだった。このうち金のアクセサリーは同44.99%増の711.29トン、インゴット・金貨は同26.87%増の312.86トン、工業用及びその他の用途の金は同15.44%増の96.75トンとなっている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月28日