ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

WTO、中国による米製品への6.45億ドルの関税徴収を認める

2022年 1月 27日14:50 提供:人民網日本語版

  スイス・ジュネーブに本部を置く世界貿易機関(WTO)は現地時間の26日、「中国が毎年、6億4500万ドル(1ドルは約114.6円)相当の米国からの輸入製品に対して関税を課すことを認める」と発表した。中米の貿易紛争の裁定は2012年から始まった。中国は当時、ソーラーパネルなどの中国製品の補助金に対抗して米国が相殺関税を課したことを理由に、米国をWTOに提訴していた。中央テレビニュースが伝えた。

  WTOはこれまでに米国の関連措置はWTOルールに違反しているとの裁定を下し、上級委員会の支持を得ている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月27日