ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

商務部、米国の中国3企業への制裁発表についてコメント

2022年 1月 24日14:50 提供:人民網日本語版

  

  資料写真

  このほどメディアから、「米国務院はミサイル技術の拡散に関わったことを理由として、中国航天科技集団(CASC)第一研究所をはじめとする中国企業3社に対して制裁措置を実施するとしている。商務部(省)はこれをどう見るか」との質問が寄せられた。

  同部の報道官は次のように答えた。

  私たちは、米国務院がいわゆる「ミサイル技術の拡散に関わったこと」を理由として、中国企業3社と所属の研究機関に制裁措置を実施するとしたことに注目している。中国はこれに強い不満と断固たる反対を表明する。

  中国は拡散防止の国際的な義務を一貫して厳格に履行してきた。米国はいかなる事実の根拠もなしに、「あるかもしれない」ような理由によって、中国企業をほしいままに抑圧し、双方の企業の利益に深刻な損害を与え、正常な国際経済貿易秩序を破壊し、グローバル産業チェーン・サプライチェーンの安全と安定に脅威を与え、世界経済の回復と発展にマイナスをもたらすだろう。

  米国は直ちに誤ったやり方を改めるべきだ。中国は今後、必要な措置を取り、中国企業の合法的権利を断固として守り抜く。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月24日