ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

都市部の老朽化団地の改造が956万世帯に恩恵

2022年 1月 22日15:50 提供:人民網日本語版

  住宅・都市農村建設部(省)によると、2021年に中国は都市部の老朽化した団地の改造を全面的に推進し、全国で新たに改造工事がスタートした団地は5万5600ヶ所に上り、住民965万世帯が恩恵を受けたという。

  都市部の老朽化団地の改造は重大な民生プロジェクトであり発展プロジェクトだ。19年から21年にかけて、全国で新たに改造工事がスタートした団地は11万4千ヶ所に上り、住民2千万世帯あまりが恩恵を受けた。同部は都市部の老朽化団地改造の複製可能な政策メカニズムリストを何回かに分けて発表し、各地の問題解決での複製可能な政策メカニズムと典型的な経験や手法を方向性をもって総括し、住民の参加の動員、改造プロジェクトの形成、金融面の支援、市場のパワーの参加、ストック資源の統合・利用、各方面の主体的責任の遂行、政府の支援拡大などが行われた。第14次五カ年計画期間中、中国は00年以前に建設された都市部の老朽化団地約21万9千ヶ所の改造任務をほぼ達成するとしている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月22日