ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

商務部「2021年の全業界の対外直接投資が9366億9千万元に」

2022年 1月 21日19:50 提供:人民網日本語版

  商務部(省)は20日に行われた定例記者会見で、2021年には全業界の対外直接投資が前年比2.2%増の9366億9千万元(1元は約18.0円)に達したことを明らかにした。米ドルに換算すると同9.2%増の1451億9千万ドル(1ドルは約113.8円)になる。中国新聞網が伝えた。

  同部によると、21年には中国の対外投資協力が安定的に発展した。全業界の対外直接投資は同2.2%増の9366億9千万元で、対外請負工事の完成工事高は同7.1%減の9996億2千万元(米ドル換算では同0.6%減の1549億4千万ドル)、新規契約額は同5.4%減の1兆6676億8千万元(米ドル換算では同1.2%増の2584億9千万ドル)だった。通年の対外投資協力には次の3つの特徴が見られた。(1)「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国への投資が急増した(2)対外請負工事で大型プロジェクトが増加した(3)海外での経済貿易協力区の建設が著しい成果を上げた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月21日