ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

農村部住民の収入増加率、12年連続で都市部住民を上回る

2022年 1月 20日23:50 提供:人民網日本語版

  

  国家統計局がこのほど発表したデータによると、2021年の中国農村部住民の収入増加率が都市部住民を大幅に上回った。このような状況は今年で12年連続となる。中新網が伝えた。

  データを見ると、21年の農村部住民の1人当たり可処分所得は1万8931元(1元は約18.0円)となり、名目増加率は10.5%で、物価要素を取り除いた実質増加率は9.7%だった。一方、都市部住民は4万7412元で、名目増加率8.2%、実質増加率7.1%だった。

  農村部住民の名目増加率と実質増加率はそれぞれ都市部住民を2.3ポイント、2.6ポイント上回った。都市部と農村部の収入比は前年の2.56から2.50に縮小し、相対的な収入格差が引き続き縮小した。

  中国社会科学院農村発展研究所の李国祥研究員は、「農村部住民の収入増加は個人消費の牽引にとってプラスで、今後もこのような牽引の役割が続くだろう」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月20日