ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

2021年中国の人口は48万人増加 低出生率をどう見るか?

2022年 1月 19日1:50 提供:人民網日本語版

  

  (撮影・方東旭)

  中国統計局は17日、2021年の中国の出生数は速報値で1062万人だったと発表した。この数字は20年の1200万人および19年の1465万人を下回った。新華社が伝えた。

  データによると、中国の出生数は16年に1883万人となって小さなピークを迎えた後は年々低下している。21年末時点の全国人口は前年末比48万人増にとどまった。

  現在の中国の人口問題の主な問題点は、これまでの規模の圧力から構造的挑戦へと転換しつつある。第7回全国国勢調査の結果を見ると、中国は生産年齢人口が減少し、人口高齢化が徐々に加速していることがわかる。10年と比較すると、生産年齢人口は4千万人以上減少した。また60歳以上の人が総人口に占める割合は18.70%で、10年比5.44ポイント上昇した。

  予測によれば、合計特殊出生率を1.3とすると、中国の総人口規模は第14次五カ年計画期間にゼロ成長、さらにはマイナス成長になる可能性もあるという。

  国際連合人口基金(UNFPA)がまとめた最新の報告によると、低出生率は今や世界的な現象だ。19年には世界203ヶ国・地域のうち84ヶ国・地域の合計特殊出生率が、この水準以下になると人口が減少するとされる水準の2.1を下回り、先進国では低出生率または超低出生率の状態が一般化している。

  低出生率をどのように見るか。専門家は、「低出生率の深層レベルの原因には、工業化と現代化の発展、女性の教育レベルと労働参加率の上昇、人口流動性の向上、避妊法の普及、ライフスタイルの変化、出産に対する考え方や子育てモデルの変化などがある」との見方を示した。

  中国人口・発展研究センターの賀丹センター長は、「これは人口変動の自然なプロセスと必然的な成り行きだ。私たちにはまだ適切な出生率の実現を推進し、人口の長期的にバランスの取れた発展を促進できる可能性が多く残されてもいる。適切に対処さえすれば、人口は引き続き経済社会の長期的で安定した発展にとって有力な支えを提供してくれるだろう」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月18日