ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

トンガの海底火山噴火 経済への影響は?

2022年 1月 17日17:50 提供:人民網日本語版

  

  (写真著作権は東方ICが所有のため転載禁止)

  ラジオ・ニュージーランド(RNZ)が16日に伝えたところによると、南太平洋のトンガ諸島の海底火山「フンガトンガ・フンガハーパイ」が14日に複数回噴火し、大量の火山灰が降ったうえ、津波も発生した。現在、同国では首都をはじめ各地が停電になり、外部との通信が遮断され、人的被害の状況は明らかになっていない。噴火により同国とフィジーとの間に敷設された海底光ケーブルが破損した。専門家は、「完全に修復されるまで数ヶ月かかるかもしれない」と予想する。「環球時報」が伝えた。

  トンガ王国は南太平洋中部に位置する島国で、170以上の小さな島からなり、西には隣国のフィジーがあり、人口は約10万5千人。2019-2020年度の国内総生産(GDP)は約4億6300万ドル(1ドルは約114.5円)で、経済発展では外国からの支援への依存度が高い。

  

  (写真著作権は東方ICが所有のため転載禁止)

  山東省にある聊城大学太平洋島国研究センターの趙少峰教授は、「このたびの火山噴火はトンガと周辺の島嶼国の経済に大きな影響を及ぼすだろう。新型コロナウイルス感染症の影響により、これまでずっと外部からの供給への依存度が高かったトンガやフィジーなどの太平洋島嶼国は、今では国内のインフレが非常に深刻な状況で、失業率も高く、その上今回の火山噴火といったコントロール不可能な要因の影響も加わり、各国の経済状況は弱り目に祟り目の様相を呈するようになるだろう」と述べた。

  趙氏の見方によると、トンガの火山噴火がグローバル経済に深刻な影響を与えることは考えられない。まず、トンガの位置する太平洋の海上輸送ルートは比較的広く、グローバル水上輸送ネットワークに占める位置づけはエジプトのスエズ運河ほど重要ではないからだ。加えて太平洋島嶼国は人口が少なく、必要な食べ物などは主に航空輸送されるので、トンガの火山噴火が『バタフライ効果』をもたらし、グローバルサプライチェーンに影響を及ぼすことも当面ないだろう。次に、トンガなどの島嶼国は原油や鉱物資源といった重要なエネルギーの生産地ではなく、国内でインフレなどが起きても国際市場にまで蔓延することは考えられない。しかし噴火が長く続くようなことがあれば、発生した火山灰がより広い地域に拡散し、太平洋にまたがった地域の航空輸送にマイナスの影響が出る可能性は排除できない。噴火後に生じた火山灰は今後、気流に乗ってインド洋の北部へ拡散して、インドやインドネシアなどの国で深刻な気候変動が起こり、現地の経済に影響が出る可能性があるという。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月17日