ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

GDP1兆元級都市が24ヶ所に 4兆元都市も誕生

2022年 1月 12日16:49 提供:人民網日本語版

  

  中国の都市の国内総生産(GDP)を見ると、「1兆元倶楽部」(1元は約18.1円)の輪が一層広がり、都市間の競争における勢力図が微妙に変化していることがわかる。中国新聞網が伝えた。

  東莞は2021年にGDPが1兆元の大台を超えて、24番目の1兆元級都市になった。北京のGDPは4兆元を超え、中国初の4兆元突破を正式に発表した都市になった。

  東莞が「2つの大台突破」都市へ飛躍

  都市にとって、GDP1兆元超えは経済的実力の象徴だ。1月11日、東莞は政府活動報告の中で、2つの「名誉ある状況」を迎えたことを明らかにした。東莞はGDPが1兆元を超え、人口が1千万人を超えた都市になったのだ。

  「世界の工場」としての東莞は、20年に1兆元都市を目指したが届かず、GDPは9650億1900万元で1兆元まであと一歩のところで終わった。そして21年、東莞の夢はついに実現した。

  こうして東莞は中国で24番目にGDP1兆元超えを達成した都市になり、人口も1千万人を突破し、この「製造業の有名都市」は「2つの大台突破」という新たなスタート地点に立つことに成功した。

  GDP1兆元超え都市が24ヶ所に拡大

  東莞が「1兆元倶楽部」への入場券を手にしたことで、GDP1兆元超え都市は24都市に拡大した。

  時間の流れを追ってみると、まず06年に上海が中国で初めて1兆元を突破し、それから08年に北京、10年に広州、11年に深セン、天津、蘇州、重慶の4都市のGDPが1兆元を超えた。さらに14年に武漢と成都、15年に杭州、16年に南京と青島、17年に無錫と長沙、18年に寧波と鄭州、19年に仏山、20年に福州、泉州、南通、合肥、西安、済南、そして21年に東莞が1兆元の大台を突破した。

  説明しなければならないのは、東莞は21年に唯一「1兆元倶楽部」入りした都市になるだろうということだ。東莞の後には、煙台、常州、徐州、大連、唐山などの「予備軍」が控えているが、それらの都市のGDPは7千億元前後が多く、1兆元にはまだ開きがある。

  24都市の地域分布を見ると、南方地域が抜きん出ており、南方地域の都市が18ヶ所、北方地域の都市が6ヶ所だ。

  4兆元都市が誕生

  21年には、中国初のGDP4兆元都市が誕生した。

  北京はこのほど政府活動報告の中で、「速報値の統計によると、21年の北京のGDPは前年比8.5%増加して4兆元を超え、一人当たりGDPと労働生産性は全国トップの座をキープするとみられる」と指摘した。

  北京のほかに4兆元を突破する可能性のある都市には上海がある。上海はまだGDPデータを発表していないが、20年のGDPはすでに3兆8700億元に達して、北京を上回っていた。そのため上海の21年GDPが4兆元を超えることには何の問題もないと言える。

  そのため、中国に上海と北京の2つのGDP4兆元都市が誕生することは意外なことではない。

  GDP4兆元とはどれほどのものか。現在、世界でGDPが4兆元を超える国と地域は20数ヶ所で、4兆元という経済規模は多くの国の経済規模を超えている。たとえばタイ、ベルギー、オーストリアなどの国の経済規模よりも大きく、1つの都市で1つの国に匹敵するのであり、「中国の都市の豊かさが海外の国と張り合うレベルになった」ということを示す。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月12日