ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

RCEP発効後初の国際貨物輸送列車が運行

2022年 1月 6日14:52 提供:人民網日本語版

  

  1月1日午前0時5分、貨物を満載した列車が広西南寧国際鉄道港を出発してベトナム・ハノイに向かった。この列車は、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効してから初めてRCEP加盟国に向かう国際貨物列車になった。中国新聞網が伝えた。

  同列車には40フィートコンテナが23基、20フィートコンテナが2基積まれ、中には電子部品、日用雑貨、化学製品などの一般貿易と越境ECの貨物で、総重量は800トンを超え、価格は1千万ドル(約11億5900万円)以上に達し、28時間後にハノイに到着する予定となっている。

  

  広西壮(チワン)族自治区商務庁の楊春庭庁長はRCEP発効後初の国際貨物列車の出発式典で、「ここ数年、西部地域では陸と海の新ルートの建設が加速して、『海陸空』でRCEP加盟国を全方位的に連結する越境物流システムと欧州連合(EU)-ASEANを結ぶ陸と海における国際貿易の新ルートが形成された」と説明した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月6日