ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 文化

馬と鹿の図案を中心とする岩画を発見 寧夏

2022年 5月 30日16:50 提供:人民網日本語版

  

  寧夏回族自治区石嘴山市で見つかった、馬と鹿の図案を中心とする30数枚の岩画。(写真は取材先が提供)

  寧夏回族自治区石嘴山市博物館の研究者はこのほど、石嘴山市内の賀蘭山で馬と鹿の図案を中心とする30数枚の岩画を発見した。これは干溝動物群岩画に続く新たな岩画発見となる。中国新聞網が伝えた。

  博物館の文化博覧科学研究者の初歩的な調査によると、この新たに発見された岩画のあるエリアの標高は平均1200メートルで、山々が連なり、地形が険しい。新たに見つかった岩画が描かれている岩の平面は不規則な凹凸状で、分布範囲は長さにして約80メートルで、「岩画長廊」と呼んでいいだろう。新たに見つかった30数枚の岩画のうち、見分けやすいものは馬と鹿の図案が中心で、馬の群れや鹿などが多い。最大の群馬図は横240センチメートル、縦70センチメートルで、小さいものは横11センチメートル、縦7.11センチメートル。集中的に分布しており、密度が高い。馬は肥えており、本物そっくりだ。これらのことから、太古の賀蘭山脈は緑が生い茂り、動物が集まり、自然環境に恵まれていたと推断でき、この岩画は歴史を如実に描いた記録と言えるだろう。

  今回の岩画の発見は、古代寧夏が中原農耕民族と北方遊牧民族の文化が出会い、交流し、融合した地域であったことをさらに裏付けた。また古代人の原始的な生活を研究するうえで有力な証拠となり、重要な文化・学術研究価値を持つ。(編集YF)

  「人民網日本語版」2022年5月30日