ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

「秋分」期間中の季節の分布図が発表 一気に秋が深まる地域は?

2022年 9月 23日16:50 提供:人民網日本語版

  今月23日、二十四節気の16番目の「秋分」を迎えた。ビッグデータをまとめると、秋分の期間中、中国北方エリアの最低気温が急降下し、多くの地域で昼と夜の気温差が10度以上となる見込みだ。そして、初霜の範囲が急拡大し、秋が一気に深まりそうだ。

  そのうち、華北から長江中・下流沿線一帯は、爽やかな秋晴れの日が多くなり、東北エリアなどでは初霜が降り、冷たい風が吹き始め、西南エリアなどでは秋雨前線が活発になり、長江流域では秋分の期間に夏から秋へと季節が変わりそうだ。

  

  中国のほとんどの地域では例年通り秋入りしている。ただ、東北エリアでは前半は寒気の影響を頻繁に受けるため、例年に比べて10日早く秋入りする見込みだ。一方、北京や天津、石家荘などは例年に比べて1週間ほど遅く秋入りしそうだ。

  中国天気網の首席気象分析士の胡嘯氏によると、北方エリアの昼と夜の気温差が大きくなり、気温が日を追うごとに下がるというのが、「秋分」期間中の特徴で、特に最低気温が急降下するという。

  

  これまでの「秋分」期間中の大都市の昼と夜の気温差ランキングを見ると、上位に入っているのは全て北方エリアの都市だ。うち、1位は銀川で13度、瀋陽、呼和浩特(フフホト)、西寧、太原が12度以上、哈爾浜(ハルビン)、長春、蘭州、天津、北京などが10度以上となっている。

  「秋分」期間中の初霜マップも発表、これら地域では初霜範囲が急拡大

  

  夜間の気温が0度以下になると、冷やされた大気中の水蒸気が植物などの表面に昇華して霜となる。「秋分」の頃になると、気温が下がり、北方エリアの初霜の範囲が急速に拡大する。これまでの「初霜マップ」を見ると、黒竜江省や吉林省、新疆維吾爾(ウイグル)自治区北部、内蒙古(内モンゴル)北東部、華北北部、東北中・北部、及び寧夏回族自治区、青海省東部一帯の標高の高い地域で、「秋分」期間中に初霜が降りる。10月に入ると、初霜の範囲が南下し、北京、天津、河北省といった地域でも初霜が観測されるようになる。そして、10月下旬になると、「初霜」ラインは淮河流域から秦嶺山脈一線まで伸びる。

  「春は慌てて薄着にせず、秋は慌てて厚着をしない」とよく言われるように、秋入りした地域では、気候の変化に合わせて着る服を増やす必要はあるものの、あまりに急いで厚着をするのは控え、適度に運動するように心がけると、寒さに耐える能力や免疫力を強化することができる。 (編集KN)

  「人民網日本語版」2022年9月23日