ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

本物ソックリ!山東省の特産品の数々を「縫いあげた」おばあちゃん

2022年 9月 23日15:50 提供:人民網日本語版

  

  まるまるとした煙台リンゴ、青々と真っ直ぐ伸びた章丘大葱、根っこがびっしり生えた蒼山ニンニクなど、山東省の特産品の数々を「縫いあげた」おばあちゃんがネットで注目を集めている。

  これらの「特産品」は、趙志純さん(72)が中国国際文化観光博覧会に出展したものだ。

  幼い頃から縫物が大好きだったという趙さんが、日々コツコツと学び、試行錯誤しながら縫いあげた作品は、本物ソックリの出来栄えとなっている。

  趙さんは、「見た目はシンプルな形の野菜や果物も、原寸大のものを作り上げるには、ものすごい手間をかけなければならない。縫い目はきれいに隠してしまわなければならないし、縫い糸も硬すぎたりするとうまくいかない」としている。

  色あいも似せるため、趙さんは様々な野菜の搾り汁を使った染色の試行錯誤を重ねたり、顔料を使ったりしているという。

  「布工芸品がもたらす喜びをより多くの人々と分かちあいたい」と語る趙さんの作品は、ここ数年、さまざまな展示会にたびたび出展し、受賞した回数も少なくない。また、この布工芸品は、地元の無形文化遺産リストにも登録されているという。(編集KM)

  「人民網日本語版」2022年9月23日