ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中欧班列(成都)鉄道郵送専用線が欧州12ヶ国に向け発車

2022年 9月 22日15:49 提供:人民網日本語版

  

  発車する中欧班列(成都)鉄道郵送専用線(撮影・曾祥文)。

  四川省からオランダ、英国、ドイツ、デンマークなどの欧州12ヶ国に向かう郵便物が19日、成都市で税関の監督管理を通過し、トラックで成都鉄道口岸に向かった。これらの郵便物は中欧班列(成都)のWE454L列車で国外へと運ばれる。これは四川省初の中欧班列(成都―マワシェビチェ)鉄道郵送の正式な開始を意味する。

  今回の鉄道による郵送は新疆霍爾果斯口岸から出境し、カザフスタン、ロシア、ベラルーシを経由し、20日後にポーランドのマワシェビチェに到着し、さらにポーランド郵政の中継を経て、欧州各国の郵政に届けられる。この専用線の主な輸出郵便物は、生活用品、アクセサリー、収納棚、四川省の特産品などの貨物となる。

  四川郵政国際公司の関係責任者は、今回の中欧班列(成都)の初の鉄道による郵送は、コロナ禍の国際郵送ルートの円滑性をさらに安定させ、新発展構造の構築と経済・社会の質の高い発展に力を注ぐことになるとしている。(編集YF)

  「人民網日本語版」2022年9月22日