ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中国はこの10年で億トン級油田23ヶ所、1千億立方メートル級ガス田28ヶ所を発見

2022年 9月 20日17:49 提供:人民網日本語版

  中国自然資源部(省)地質勘査管理司の于海峰司長は19日、「中国のこの10年」シリーズ記者会見で、「この10年、中国では新たに億トン級の油田23ヶ所、1千億立方メートル級のガス田28ヶ所、非石油・ガス鉱産の資源拠点32ヶ所を発見した」と説明した。中国新聞社が報じた。

  于司長によると、2011年から、中国は探鉱・鉱山開発の戦略的計画を実施し、この10年の間に、重要な鉱産資源戦略接続エリアが形成され、採掘と消費が拡大の一途をたどる状況下で、主な鉱産の保有資源量が増加している。

  地域別で見ると、中国西部の石油の新規原始埋蔵量は、中国全土の半分以上を占め、生産量は中国全土の約3分の1を占めている。また、西部の天然ガスの新規原始埋蔵量と生産量は、中国全土の80%以上を占めており、海域の石油・ガスの生産量は中国全土の4分の1を占めている。特に2021年は、渤海油田の原油生産量が3000万トンを超え、生産量が目に見えて増加した。その他にも非石油・ガス鉱産資源拠点32ヶ所を新たに立ち上げ、そのうちの25ヶ所が西部に位置している。

  于司長によると、この10年、元々あった鉱山80ヶ所の新規資源量が大・中型規模に達し、約800ヶ所の採掘期間がそれぞれの状況に合わせた程度で延長されている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年9月20日