ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

在韓中国人民志願軍烈士の遺骨引き渡し式典が韓国で開催 引き渡しは9回目

2022年 9月 16日15:49 提供:人民網日本語版

  

  

  

  中国と韓国は今月16日午前、韓国の仁川(インチョン)国際空港で9回目となる在韓中国人民志願軍烈士の遺骨引き渡し式典を行った。中国側代表は式典で、「志願軍の兵士たちよ、祖国が迎えに来た!」と高らかに宣言した。人民網が報じた。

  今回、中国人民志願軍烈士88人の遺骨や遺品が引き渡され、祖国へ戻ることになる。

  遺骨の入った棺は中国の国旗でくるまれ、会場にいた関係者が棺に向かって3度お辞儀をして、哀悼の意を示した。

  

  

  

  その後、中国人民解放軍の儀仗兵が棺を両手に抱え、解放軍・空軍の専用機に乗り込んだ。兵士の英霊が間もなく、祖国と人民の懐へと戻ることになる。

  今回の引き渡しでは、空軍の輸送機「運-20」が遺骨を輸送し、戦闘機「殲-20」が中国領空における「運-20」の護衛任務を遂行する。(編集KN)

  

  

  「人民網日本語版」2022年9月16日