ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

日本の外国人留学生に最も人気の専攻は社会科学

2022年 9月 8日19:49 提供:人民網日本語版

  啓徳教育が今月6日に発表した「2022日本留学報告」によると、日本の国公立大学は数が少なく、受験者が多いため、競争が熾烈で入学する難度が高くなっている。中でも、難度が最も高いのは東京都内の国立大学だ。中国網財経チャンネルが報じた。

  留学生に最も人気の専攻は社会科学

  日本学生支援機構(JASSO)の統計によると、2021年5月の時点で日本で学んでいる外国人留学生のうち、最も多いのは中国大陸部の留学生で11万4255人。全体の47.1%を占め、2020年に比べて3.5%上昇した。うち、高等教育機関に在籍する中国大陸部の留学生は9万4063人、日本語教育機関で学んでいる中国大陸部の留学生は2万192人となっている。JASSOの別の統計によると、高等教育機関に在籍する外国人留学生の専攻分野トップ3は、社会科学(7万6301人)、人文科学(7万2954人)、工学(4万1009人)となっている。

  外国人留学生受入れ数の多い大学トップ10 は東京大学、早稲田大学、日本経済大学、立命館大学、京都大学、立命館アジア太平洋大学、大阪大学、九州大学、筑波大学、東北大学となっている。

  日本の国公立大学の授業料は年間約57万円で、学期ごとに納入する。留学生は基本的に減免申請を行うことができ、成功率も高い。私立大学の授業料は学校や専攻によって50-500万円と大きく異なっている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年9月8日