ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

2022年度「一帯一路」の今年の漢字は「通」

2022年 5月 20日14:50 提供:人民網日本語版

  中国パブリック・リレーションズ協会が主催する2022年度の「一帯一路」(the Belt and Road)の今年の漢字が19日、オンラインで発表された。専門家やメディアの選出、推薦を経て、「通」が今年の漢字に選ばれた。新華網が報じた。

  

  中国人民政治協商会議の委員を務める、中国パブリック・リレーションズ協会の張小影副会長によると、「一帯一路」の今年の漢字の発表は、2016年から始まり、入念に構築された人文交流ブランドとなっている。「一帯一路」共同建設イニシアティブが提起されて9周年を迎えた今年のテーマは、「力を合わせて困難を乗り切り、団結、協力する」で、漢字という独特の文化シンボルを通して、中国の物語を描き出し、「一帯一路」イニシアティブに込められた中華文明の知恵をPRすることを目的としている。

  清華大学出土文献研究・保護センターの博士課程指導教員である黄天樹教授は、今年の漢字に選ばれた「通」について、「『妨げになるものがなく通じている』というのが元々の意味で、そこに『目的地に到達することができ、互いに連結し合い、遮断されることがない』ことを願う思いが込められている」と説明する。「一帯一路」イニシアティブは、「五通」(政策連携、インフラ連結、貿易円滑化、資金融通、文化・人材交流)を重視しており、「点」から「帯」(ベルト)へ、「線」から「面」へと、地域の密接な協力の構造を少しずつ構築することを目標としている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年5月20日