ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

イヌ型ロボットそっくりの三星堆の青銅神獣が初公開へ

2022年 5月 16日16:50 提供:人民網日本語版

  

  四川省の宜賓市博物院は5月18日の「国際博物館の日」に合わせたイベントの四川省・重慶メイン会場としてイベントを実施する。また、今回のメイン会場における目玉イベントとして、「巴蜀青銅文明特別展」を開催する。同省文物局によると、特別展では、四川省徳陽市広漢市の三星堆遺跡・祭祀区3号坑で出土した、SF映画に登場するイヌ型ロボットにそっくりの青銅器「青銅神獣」が初公開される。

  

  青銅神獣は長さ28.5センチ、高さ26.4センチ、幅23センチ。頭部は上を向いて、胸を張っているような恰好をしている。足を曲げて低くしゃがんでいるように見えるものの、4本の足のうちの後ろの2本のほか、両耳やしっぽの先が破損し失われてしまっている。神獣の頭部の鼻に当たる位置は長方形で前に伸び、中がくり抜かれている。また、首は短く、胴体は長細く、胸を張り、腰のあたりを地面に付きそうになるほど落としている。足には蹄があり、4本の足を「ハ」の字にし、しっぽは上に上げて先は下に垂れ、たくましく力強いイメージになっている。

  

  「巴蜀青銅文明特別展」は今月18日から8月17日まで、宜賓市博物院の1階臨時ホール(約800平方メートル)で開催される。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年5月16日