ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

湖南省のビル倒壊 発生から131時間後に奇跡の救助

2022年 5月 5日17:50 提供:人民網日本語版

  

  湖南省長沙市で4月29日にビルが突然倒壊した事故現場で今月5日零時ごろ、生き埋めになっていた住民1人が救助された。10人目となる生存者が救助された瞬間、現場では拍手が巻き起こった。倒壊が生じてからすでに131時間が経過してからの救助成功に、救助隊員は、「これは奇跡。」と声を高ぶらせた。中国新聞社が報じた。

  今回の生存者は、4日夜8時40分ごろに行われた現場の騒音を抑え、音を探知する捜索活動によって発見された。救助活動に当たっていた消防隊員は取材に対して、「生存者を発見した時はとにかく興奮した。どれほどの困難があっても、この生存者を絶対に救助できると、みな堅く信じていた」と話した。

  

  消防隊員は倒壊現場で、大声や物を叩く音、捜索救助犬といった伝統的な方法のほか、レスキューレーダー、音響・映像生存者探知器、ドローンなどを駆使して、生存者を捜索してきた。

  捜索は日中だけでなく、静かになる夜や早朝にも行われており、救助隊員は現場を静かな状態に保ったうえで、全域を捜索しているほか、重点ポイントを絞った捜索も行っている。

  公式発表によると、4月29日正午12時24分に長沙市内で発生したこの倒壊事故で、23人が生き埋めとなり、39人が行方不明となっている。当稿執筆時点で10人が救助されたほか、死者5人が発見された。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年5月5日