ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

PCR検査30分前にやらないほうがいいこととは?

2022年 5月 5日15:50 提供:人民網日本語版

  PCR検査は、新型コロナウイルス対策における「モニタリングネットワーク」であり、感染者を早期発見し、感染の連鎖を効果的に断ち切り、拡散を食い止めるのに最も重要な手段の一つだ。武漢晩報が報じた。

  SNSでは最近、「PCR検査の前は、うがいをした上で、水を飲んでおかないと、偽陽性になる可能性がある」や「飲酒した後はたくさん水を飲んで、うがいしてからPCR検査にいったほうがいい」といった情報が流布している。この点について中国国家重大公共衛生事件医学センターのセンター長を務める同済病院感染科の郭威副科長は、「咽頭ぬぐい液PCR検査の場合、検査の前に水を飲んだり、何かを食べたりすると、咽頭に付着しているウイルスを流してしまう。特にお湯を飲むと、ウイルスの活性を抑制してしまうことになる。咽頭ぬぐい液PCR検査の正確性を高めるため、検査の30分前は、水やお酒を飲んだり、ガムを食べたりするのは控えてほしい。そのほうがより正確な検査結果を得ることができる。また咽頭が刺激されて、反射的に嘔吐することがないよう、検査前2時間は食事などをしない方がいい」と注意を促している。

  その他、PCR検査を受けるために列に並んでいる際は、他の人と接触しないように、1メートルのソーシャルディスタンスを保つ必要がある。また、前の人の検体採取が終わった場合も、医療従事者が次の検体採取の準備をして、手で合図するのを待ってから、マスクを外し、速やかに検体採取を受け、終わったらすぐにマスクを着用して、その場から離れるようにしなければならない。検体採取の際には、机を触ったり、スマホや身分証明書といった持ちものを机の上に置いたりすることがないよう注意しなければならない。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年5月5日