ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

北京市の延慶オリンピックパークが29日にオープンへ

2022年 4月 26日16:50 提供:人民網日本語版

  

  資料写真

  北京市にある延慶オリンピックパークのチケット販売システムが24日にリリースされ、平日1人80元(1元は約19.5円)、ロープウェイ往復1人280元で販売されている。今月29日、同パークは一般向けにオープンし、オールシーズン営業される。北京日報が報じた。

  海陀山の南の麓にある延慶オリンピックパークは標高2198メートルに位置し、国家アルペンスキーセンター、国家スライディングセンター、延慶冬季五輪村がそこにあり、「山林施設群」と称されている。29日にオープンすると、冬季五輪体験シーズンが幕を開けることになる。冬季五輪村では、選手たちが使用したのと同じタイプのスマートベッドを体験したり、選手たちが食堂で食べた678種類のメニューを味わったりすることができる。

  

  資料写真

  延慶冬季五輪村の中心部には、古い集落跡「小荘戸村」が完全な形で保存されており、オープン後はそこを散策するなどして、静かでノスタルジックな雰囲気に浸ることもできる。

  パークの営業時間は午前9時から午後5時まで。少なくとも前日までに、実名制でチケットを予約しておく必要がある。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月26日