ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中国の海外における年間新型コロナワクチン生産能力 が10億回分に

2022年 4月 21日11:50 提供:人民網日本語版

  ボアオ・アジアフォーラム2022年年次総会が20日に開かれ、中国国家国際発展合作署の鄧波清副署長は、中国の海外における年間新型コロナワクチン生産能力 は10億回分に達するようになっており、新型コロナ対策をめぐる世界の連携を力強くリードしていることを明らかにした。新華社が報じた。

  また鄧副署長は、「中国は近年、『グローバル・ワクチン協力行動』を提唱し、積極的に実行し、いち早く新型コロナウイルスワクチンを国際公共財にすることを約束し、いち早くワクチンの知的財産権を支持し、いち早く発展途上国と共にワクチン生産協力を展開するようになった。中国はこれまでに、20ヶ国以上に相次いで技術を移転し、協力してワクチンを生産し、海外において年間10億回分の新型コロナウイルスワクチンを生産する能力を備えるようになっている」と説明した。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月21日