ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

上海市の金山区と崇明区が「市中感染ゼロ」の目標達成

2022年 4月 20日17:49 提供:人民網日本語版

  上海市は今月20日午前10時、新型コロナ対策をめぐる第159回の記者会見を開いた。同市衛生健康委員会の一級巡視員・呉乾渝氏によると、19日、上海市で新たに確認された新型コロナウイルス感染症の国内症例は2494人、無症状感染者は16407人だった。2494人のうち、1800人はクローズド・ループ内で隔離管理されている人の中から見つかり、161人は感染の可能性のある人に対するスクリーニングで見つかり、533人は無症状から症状を発症した。無症状感染者1万6407人のうち、1万6178人はクローズド・ループ内で隔離管理されている人の中から見つかり、229人は感染の可能性のある人に対するスクリーニングで見つかった。人民日報が報じた。

  呉氏によると、市全域の感染規模はここ数日、縮小傾向にある。区別に見ると、浦東、閔行、松江、青浦、普陀の5区はここ3日、全体的に減少傾向にある。また、徐匯、楊浦、虹口、長寧、宝山、嘉定の6区は全体的におおむね横ばいで推移している。黄浦区は小幅で増加し、静安区の増加ペースは鈍化した。奉賢、金山、崇明の3区は感染者数が少ない状態を保っており、金山区と崇明区は初めて「市中感染ゼロ」の目標を達成した。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月20日