ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

これぞ昔取った杵柄!封鎖管理中の上海でブタ1頭を共同購入した住民に「救いの手」

2022年 4月 20日16:50 提供:人民網日本語版

  上海市楊浦区のある団地で、住民たちが85キロ以上もあるブタ1頭を共同購入した。しかし、同市では今も新型コロナ対策が実施されているため、市場は閉鎖されており、屠畜作業員に解体してもらうことができず、折角手に入れたブタをどうやって解体して皆に分けるかで頭を悩ませることとなった。そんな住民たちに「救いの手」を差し伸べたのは、元臨床解剖学教授の紀栄明さん(71)だった。北京青年網が報じた。

  

  中国人民解放軍第二軍医大学の元臨床解剖学教授である紀栄明さんは、中国国務院政府特別手当受給者であり、国家発明賞受賞者でもある。

  紀栄明元教授の息子である紀さんによると、市場から届いたのは半身に解体されただけのブタ1頭。共同購入の「リーダー」が困り果てて、グループチャットに助けを求めたところ、老教授が自ら名乗り出て、「僕が家で解体しましょう」と解体作業を引き受けたのだという。

  

  今月11日、紀栄明さんは包丁を研ぎ、消毒液を吹きかけ、防護マスクや手袋を着用して、息子と一緒に作業を開始。またわざわざメジャーを使って大きさが均等になるように切り分け、約1時間かけて、すべての作業を完了させた。最終的に重量差を150-200グラムにまで抑えて17軒分に分けたという。

  近所の住民らはその豚肉を受け取り、グループチャットで次々に紀栄明さんに感謝の言葉を寄せた。

  

  紀さんは、「父も僕も今回はおもしろい経験ができたと感じている。ここ数日、近所の人たちはもう一度豚肉を共同購入する計画を立てており、父も解体作業を引き受けると言っている」とし、「上海の共同購入における最高峰は、解剖学教授の再就職だね」とユーモアたっぷりに話した。

  ネットユーザーからも、「古く戦国時代には、料理人の庖丁が 上手にウシを解体して王を喜ばせ、現代においては教授がブタを解体して住民を喜ばせている」といったコメントが寄せられた。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月20日