ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

親子が粘土で作った「青銅鼎」が「完成度高すぎ」と話題に 南京

2022年 4月 20日14:50 提供:人民網日本語版

  

  江蘇省南京市のある学校が最近、親子で工作をする宿題を出した。そこで、今年の春晩(春節<旧正月、今年は2月1日>を祝う中国の国民的年越し番組)を見て青銅器に興味を抱くようになっていたある女の子は、青銅器を作りたいと考えたが、母親はとても手伝えそうにないということで、父親にバトンタッチ。父親は段ボールを使って4本足をつけた「鼎」ならば比較的容易にできると提案し、二人で力を合わせて4時間かけて「青銅鼎」を完成させた。

  

  

  母親の趙さんによると、「デザインは娘がネット上で探し、粘土を使って自分で作り上げた。青銅鼎を作り終えた後に、まだ粘土が残っていたので、力を合わせて『青銅の仮面』も作り上げた」という。

  

  ネットユーザーからは、「今の親ってすごい」といったコメントのほか、「これは西周(紀元前1046年頃-紀元前771年)や東周(紀元前770年-紀元前256年)ではなく、先週のもの」というユニークなコメントも寄せられている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月19日