ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

美しすぎる「狙撃王」が軍に復帰

2022年 4月 14日14:50 提供:人民網日本語版

  

  2018年に行われた狙撃手集中訓練で、男性狙撃兵80人を抑えてトップになり、見事「狙撃王」に選ばれた沈夢可さんを覚えているだろうか?新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校に戻れなくなった沈さんは最近、故郷の浙江省麗水市で防疫ボランティアとして活動している。

  

  2000年生まれの沈さんは、中国陸軍第71集団軍に所属していた元女性兵士。「狙撃手にとって実は技術というのは最後にくるもので、一番重要なのは強い意志の力」と話す。

  

  兵役義務期間として訓練を受けていた沈さんは2020年9月に、退役して大学に戻った。「大学のキャンパスライフを経験したことが無かったので、悔いを残さないようにしたいと思ったから」という。

  

  軍服を脱ぎ、キャンパスライフを始めた彼女は、各種活動に積極的に参加し、運動会でも走り幅跳びや短距離走で大活躍。入学して一番初めの学期に「優秀学生」特等奨学金を獲得した。そして、優秀な成績を収めて中国共産党中央党校を卒業し、「優秀学員」にも選ばれた。

  

  予備役として入隊し、再び軍服に袖を通した「狙撃王」

  そんな沈さんは最近、予備役としてある通信部隊に召集され、寧波市のある予備役砲兵団が開催した点検大会で、新入隊の予備役兵士の代表として発言。沈さんはついに新たなポストを手にし、再び軍服に袖を通して、「狙撃王」として軍に復帰を果たした。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月14日