ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

事故起こした男性の異常に気付いた警察に称賛の声

2022年 4月 7日17:50 提供:人民網日本語版

  

  江蘇省溧陽市と福建省寧徳市を結ぶ溧寧高速道路のあるトンネル内で4月1日、1台のミキサー車が突然スピードを落とし、左側の壁にぶつかりながら停車したため、後ろを走行していた乗用車2台が接触するというあわや大事故といった危険な事故が生じた。現場に駆け付けた警察官の王振江さんは、運転手の男性が体をフラフラさせており、精神状態も優れず、事故の原因もはっきり説明できないような状態であるのを目にし、何度となく体調がよくないのではないかと問いかけたが、男性は、「少し疲れているだけで、休めばすぐによくなる」と言い張り、その晩は車の中で休んだという。

  翌日、王さんが再び男性を訪ねたところ、脱力感や頭痛を訴えた。王さんはこれらの症状が脳卒中の前兆に似ていることに気づいたが、男性は「疲れているだけだから」と言い張ったため、「脳卒中だったら、人生が台無しになってしまうよ。命にあっての物種と言うだろう?すぐに医者に連絡してあげるから」と説得しながら、救急車を呼ぶため通報した。

  

  病院で検査したところ、男性は脳出血と診断され、幸いにも病院で直ちに手当てを受けることができた。

  ネットユーザーからは、男性の異常に気付いた警察官に対し、「男性1人の命だけじゃなく、1つの家庭を救った」と称賛するコメントが次々と寄せられている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年4月7日